施工の流れ・施工事例

施工の流れ・施工事例
こちらでは当社で行っている「建て方工事」の一般的な施工の流れと、実際の施工事例を掲載しています。下記よりどうぞご確認下さい。

施工の流れ

施工の流れ
  1. 基礎と土台をアンカーボルトなどで緊結します。
  2. 土台の上に柱や壁パネルを立てていきます。
  3. 各所の柱を、胴差し(2階部分の床などに対し横に通す柱)や、
    梁(屋根など上からの荷重に対して支える柱の種類)でつないでいきます。
  4. 桁(屋根など上からの荷重に対して支える柱の種類)を通して、さらに柱をつないでいきます。
  5. 小屋束・母屋(ともに屋根を直接支える柱の種類)を上げていき、
    棟木(屋根を一番高いところでを支える柱)を上げて、上棟となります。

当社「建て方工事」の施工は上記の流れで行っていきます。

当社の「建て方工事」のポリシー

  1. 「安全」に施工し、事故の無いように
  2. 「確実」に施工を行い、後の不備なく確認作業
  3. 「迅速」に施工を行い、工期のずれを発生させない
    (土台:1日 運物・棟上・野地:1~3日)

施工事例紹介

栃木県宇都宮市 A様邸 建て方工事
【栃木県宇都宮市 A様邸 建て方工事】
設計構造が複雑なお住まいで、棟木も3本通す内容でしたが工期どおり施工完了致しました。
群馬県前橋市 B様邸 建て方工事
【群馬県前橋市 B様邸 建て方工事】
今回は天候不順が続いたため、工期が押していたとの事で、ヘルプにて施工に参加させて頂きました。
神奈川県横浜市 C様邸 建て方工事
【神奈川県横浜市 C様邸 建て方工事】
当社単体で行った建て方工事でした。当社の職人・技術を総動員し、工期も3日にて上棟いたしました。もちろんしっかりと工事は確実に行っています。

迅速・確実!
工事のご依頼・お問い合わせはこちらからどうぞ!

お問い合わせはこちら

「工期にズレが出てしまってなかなか取り返せない」「人手が足りない」「業者の都合がつかない」
家屋・建物の建築には、いろんなトラブルが付きものです。しかし時間やスケジュールに待ったはありません。
当社は「建て方工事専門」のプロ集団です。

関東一円であればどちらにでも伺います。